スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-06-24-Sat-23:40
ご無沙汰です。
先ずは、拍手ありがとうございます!
ネットから離れていた間に、たくさん頂いてしまいました。


プレイ日記が途中で止まったきりだったのもあって、気に掛けてくださった方もいらしたようで。
しぶとく生きてます。
単純に、生活環境の変化で、趣味に割く時間が極端に減ってしまったのが、更新停滞の理由の一つ。

もう一つは、テイルズから離れて、ちょっと時間を置きたかった事。
ゼスティリアはアニメ化なんてされてねーよ、と以前に書きました。それは今でも同じで、TOZ-XはTOZとは全く別の作品だと考えています。
TOZは大好きですが、TOZ-Xには興味がありません。一期の後半からキャラ萌えカプ萌えだけで頑張って視聴してた状態で、早々に興味が消え失せました。アニメはどうでもいい。
別に、アレが好きな人はそれで良いかと。個人の好みですし。
ただ私は、Fateアニメの改変が拒否反応ものだった事も尾を引いていて、ufotable制作アニメ自体がもういいわ。はい、解散。となっただけです。
本来なら、そこで終わる話。
……なんですけど、TOZ-Xの内容を受けて、原作ゲームを娯楽で炎上させた人達が、勢いを増して原作ゲームやキャラに対して悪口の限りを尽くしてくれちゃっていてるのが、どう塞き止めても視界に入り、鬱陶しくて鬱陶しくて……。まさに、ノイジー。ウザい。
あんな人達が持て囃すアニメのお祭りに、乗る気が起きなかった。モチベ維持出来ねー!
そんなトコロでした。

まあ、愚痴はこのへんで一旦、置いておいて。
気分転換に部屋の模様替えとデータ整理をしたおかげで、紛失していたDQH(闇竜と世界樹の城)のプレイ日記を発掘できました。
最近、twitterにスクショUPしてるのは、DQH2(双子の王と予言の終わり)。私に言わせると、「ククールが出てくる方」です(笑。
プレイ日記用ブログを畳む前に、そちらの方に上げようと、携帯からPCへ移動したまでは良かったけど、フォルダが何処かへ紛れてしまってたんですよね〜……。
折角、やっと! 出て来た! ので、北米版TOZと二足藁で、DQHの方もプレイ日記の更新していきます。
北米版TOZはロゼ加入地点でレベル上げ中なのですが、DQHは配信シナリオまでクリア済み(1年前に)、テキスト完走、後は絵を充てるだけなので、プレイ日記も先に完走してしまいそうかな。


近況報告としては、積みゲー消化でP5とDQH2(双子の王と予言の終わり)をクリアしました。
P5はネタバレ気になるからプレイ日記纏めるのは自重します。発売から、最低でも一年は経たないと。
DQH2はそのうち書くかも。

今はDQH2トロコン目指しと、プレイ日記用にDQHとTOZ、三つの世界を行ったり来たりしてます。いい時空旅、レティス気分。
DQHのプレイ日記をつけていた時も似てるな〜と、ニヨッてたのですが、今、
TOZを改めて文字に起こしつつ、シナリオやキャラを追うと……。
アクト&メーアって、スレイ&ミクリオと、そっっっくり!で!
ラゼル&テレシアも、性格に共通点が多いけど、アクト&メーアは生い立ちや相棒感がだだ被り。
入れ替えても、違和感がまあ無い。
ご存知の通り、イズチ組(スレミク)大好きなのですが、アクメアもたまらないんですよねぇ。関係性萌え。
というわけで。コネタ落書きでクロスオーバーしまくると思います。
テキストも、両方にもう片方の話題が頻発に出て来てます。既に。
プレイ画面スクショ見ればバレるのですが、初回から名前をイズチ各々に変更して遊んでました←
プレイ日記等の感想系記事は、他人が読む事をあまり意識せず、好きなように書いているもので、例によって長いですが、気が向いたらお付き合い下さい。



以下は愚痴の続きです。
見たくない人も多いでしょうから、畳んでおきます。
/*-----

結論だけ先に書いてしまうと、アニメ以降、アニメと先述の馬鹿共のおかげで、スレアリロゼアリミクアリライアリエドアリデゼアリザビアリ夜明け組女子組あたりが軒並み地雷になってしまいました\(^o^)/
アニメ前はロゼアリとミクアリは自担でしたし、女子組だって好きだったんですけどねぇ……。
そのくらい、アニメでの改変が地雷だったんですわ。それプラス、アニメで調子に乗った、これらのカップリングの右側のキャラの厨や信者≒原作ゲームを娯楽で炎上させた奴等≒TOZアンチが、左側のキャラたちに対して吐く暴言が、もう、酷すぎて。キャラクターそのものに責任は無いとスルーするにも、限界突破しました。どうもありがとうございました。

プレイ日記では、単体でのキャラ語りは難はありません。twitterで何度かつぶやいた通り、アニメTOZ-Xの"You-Know-Who"は嫌いでも、原作ゲームTOZの彼女とは全くの別人である事が幸いして、分けて考える事が可能ですから。
けれども、他のキャラクターたちとの関係性は、あんまりまともに書いてやれなさそう。以上です。


さて。普段は、萌えやら燃えやら「好き」ばかり語ってますが、以下は、「嫌い」をくどくど書いております。
愚痴とか苦手かなって方はここでブラウザなりタブなり、閉じて下さいね〜。


断っておきますが、全て私個人の考えであり、好みです。
これを読んでいる方に、同じように考え、同調しろ、と言いたいのではありません。
ついでに、ストレス発散に愚痴っているわけでもありません。誰でも愚痴を吐き出す事でストレス発散になるというのが、誤解です。
私の場合は、好きなものを語って萌えを叫んでいる方が遥かにストレス発散になる。
ネガティブな内容の文章を纏めていると、気分もネガティブになって沈むので。

じゃあ、なんで気も進まないような「嫌い」を書いてんのかと云うと、はっきり「嫌い」を言っておいた方が良さそうだからです。今回に限っては。
何が、どうして、駄目なのかわからない人が、「なんで? どーして?」と言いながら、しつこく好きになれと押し付けてくるので。
後は、公式の中の人がSNS等でユーザーの反応を見ている会社が増えている事。
しかし乍ら、私の周りだけを見ていると、ネット上の感想ってやっぱり、「好き」だけを書いて「嫌い」を書く人は少ない。SNSが流行して、多くの人が一方的に発信するのではなく、他人と交流するためのツールとして使用するのが主流になってからは、よりその傾向が強くなったように思う。まあ、当然だけどね。
あれ嫌いこれ嫌いばかりの感想なんて、読んでたって楽しくないし、嫌いと言われている作品なりキャラなりを好きな人が見つけたら不快になるだろうから、「嫌い」は控えようと配慮するもの。より円滑な、ネッ友関係の為に。
そうなるとですね、ユーザーに喜ばれている点はわかっても、逆に、こういう風にしたら嫌がられる点というのは、伝わり難くなっているんじゃないかと。
こんな僻地を発見するほど、ネットに潜ってるのかは謎ではありますが、何もしないよりはマシ。
そんなこんなで、書き留める気になりました。


尚、これだけ書いても「なんで? どーして?」を止めない人は、端っから理解する気が無いものと見做します。




先ずは、何がそんなに嫌いなのかっつーとですね。
TOZ(ゲーム)を娯楽で炎上させたエアプ(ゲームは途中で売った、プレイ動画しか見ていない等の自己申告と、イチャモンの内容がゲームをクリアしていれば出てくる筈の無い文句ばかりなので、そう判断)みたいな馬鹿共が、大嫌いです。1アトメートルも近寄りたくない。
こういう人達の事を、世間ではこう呼びます
直訳通りの意味で使われてるのなんて見たこと無いけどね?

問題は、この手の馬鹿共が、ヴォルデモートの如く "She-Who-Must-Not-Be-Named" と化している某キャラクターを、TOZに関するありとあらゆるものを攻撃する口実に使っている事。
これが異常に迷惑。もう大迷惑。
しかも、彼らの方方での悪口を、こっちは全力で無視してTOZを楽しんでいるのに、それが許せないのか、攻撃する理由をこじつけたいのか、向こうからわざわざ検索等で探し出して寄って来る。
嫌いなものなんて、遠ざけるでしょう、普通? RPGは幾らでもあるんだし、ゲームなんて趣味なんだから、嗜好に合うものだけ楽しく遊んで、他は放っておけばいい。
ところが、それが出来ない人達が居るわけで。そういう人達に限って、「マナー? モラル? なにそれおいしいの?」という非常識者が多い。
実際、言動が本当に酷いものばかり。
また、強い語調で他人に汚い言葉を吐きかける奴の、悪目立ちすることよ……。
あまりにも悪目立ちしていると、"You-Know-Who"のファン=非常識な人しかいない、と見做されるようになるんですよ。
そんな人間と同類と思われたい人が何処に居るというのか。
少なくとも、私は思われたくありません。
そもそも昔から、厨が度を越して痛いジャンルは、倦厭してしまう方なんで。今回は、ジャンルがキャラクターに置き換わった(絞られた?)ケースですね。

更に彼らは、"You-Know-Who"以外のキャラをサンドバッグにしながら、"You-Know-Who"とカップリングにして、"You-Know-Who"をちやほやさせるのがお好きらしい。
アニメ放送中にも、カップリングの相手になるキャラに罵声を浴びせながら、ニックネームやプロフィールでは「○○アリ好き」を主張している馬鹿がごろごろ居ました。
○○ファンからズンドコ嫌われていってるのに気付きもせず、ようやるわ。
人気投票結果発表後からは、特にスレイとミクリオに対して、口を極めて罵詈してくれちゃっておりますね。まあ、この二人に対する度を越したヘイトは、ゲーム炎上直後からずっとで、アニメ前は落ち着いてきていたのに、アニメの所為でぶり返したその流れのまま、ってカンジですが。
程度がどうあれ、○○好きのこちらからすると、あんな奴等にあんな風にカップリングにされるのは怖気が奔ります。ツェザールからアルテマソードの撃ち方を習いたいくらいだわ。

よって、初めの結論("You-Know-Who"を含むコンビやトリオ、カップリング地雷化につき、今後の取り扱い無し)に行き着くのでした。
キャラクター名も検索避けの為に出さない方向で書きたいくらい。


お次は、アニメのどこが地雷だったのか、です。
私は、二次創作(公式のメディアミックスでも)において、あるキャラクターの原作にあった設定や立ち位置を、他のキャラクターに挿げ替えるという改変が嫌いです。DQ6のゲームパッケージ→コミカライズ1巻表紙等が分かりやすい例でしょうか。
どうして、新しく作った設定や立ち位置を与えるのでは駄目なのか。元から持っているキャラから掠め取らせなければ、気が済まないのか。
強奪させた二次創作者の稚拙さ、性根の貧しさと、醜い嫉妬が透けて見える気がして、気持ち悪いのです。

キャラ解釈違いも、ど地雷。
解釈違いと言っても、そんなに窮屈な縛りのあるものではありません。根本が変っていなければ、ぜんっぜん大丈夫。表面上、真逆の性格になったような味付けをしていても、軸さえブレていなければ。
けれども、アニメTOZ-Xのように解釈違いどころで済んでいないレベルで改変されていると、原作と同じキャラクターだとは認識できなくなる。ああ、私が好きなキャラとは別のキャラだな、と。
この場合は、その二次創作自体に興味がなくなるだけで、嫌悪感はありません。が、「好き」の反対は「嫌い」ではなく、「無関心」と考えると……。

後は、ヘイト創作が大嫌い。
これは説明なんて、要らないでしょう。
徹底的に棲み分けて欲しい。曲がりなりにも、公式認可のメディアミックスで、キャラヘイト原作ヘイトなんて以ての外です。
吐き気を抑えつつ、TOZ-Xから手短かつ判り易い例をあげるなら、やたらとスレイにロゼを否定させ、ロゼが傷めつけられたり苦しんでる場面をネチネチネチネチしつこく描写していた点。
これがまた、TOZアンチの妄想そのまんまで、吐き気倍増でしたわ。


上記の三つの個人的地雷ポイントを、見事なまでに尽く踏み抜いてくれたのが、TOZ-Xでした。
加えて、それらの改悪は、全てが"You-Know-Who"をシナリオの中心に据え、どのキャラクターよりも優秀である事を印象付け、敵味方関係なく他の全てのキャラクターから無条件に好意を抱かせる為、という意図の元に為されている。
この構造には、気付く人と気付かない人が居るみたいですね。作品の着目点が異なるのでしょう。同じキャラクターが好きでも、外見のデザインが好き、性格着けが好き、作中での生き様が好き、人によって様々なのですから。
更に、それを公式認可のメディアミックス作品でやらかされる事に、不快感を抱く人と、抱かない人が居る。最近だと、刀剣乱舞-花丸に対する反応が、そうであったように。
私は、構造に気付く点に着目してキャラや作品を見ていたタイプ、且つ、不快感を抱く方なワケですね。
TOZ-Xの"You-Know-Who"は、まるで、神曲(ダンテ作)に登場するルチフェロのようだな、と思いました。あれでは、ベアトリーチェには程遠い。
原型すら留めてないじゃん。あそこまで行くとね、もう、爆笑モノ。
そして、その三対の歯に砕かれているのは、どうやらアニメのBDであり、改悪したシナリオ担当者であり、上記の馬鹿共らしいってのが、ええオチやな、ホンマ。
因果応報。なんとも地獄に相応しいではありませんか。




……やっぱり、性に合わないですね。茶化すような言葉を選んでしまうあたり。
好きなものを萌え萌え語ってる方がいいや。

-----*/
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。