DQ11S-まったりロトゼタシア巡歴④

2020-01-11-Sat-12:01
地下牢へご案内されました勇者様。

EN08xdgU0AEBCD8.jpg

あ、うん……。まあ、ね。
余所様の家の箪笥を勝手に開けて、アイテムやゴールドを強奪、
壺や樽を片っ端から壊して、アイテムやゴールドを無断で持ち去る、常習犯じゃね。
言われちゃっても仕方ないんじゃないかな(;゚▽゚)

地下牢の中の便所壺まで壊すし。

EN08xdXUEAAluA7.jpg

……と、やっているとカミュから話し掛けてくれる。
破壊の悪魔の子の勝利である。

EN08xdsUUAAB3GH.jpg

なんと大きな穴でしょう。カミュのアニキ、豪腕だな。
彼のアンドリュー・デュフレーンも、ロックハンマーで20年近い歳月をかけて、
人が一人通れる穴をやっと掘ったというのに。※何方もフィクションです※



カミュ主(*´﹃`*)
……語りは置いておいて。

地下牢の下、デルカダール城水路でブラックドラゴンと遭遇。
ウルノーガ=デルカダール王は、正体を見破られそうになった相手を
ドラゴンに喰わせて、秘密裏に処分してた、あたりでしょーか。
城内の本棚に、デルカダール王についての評価書があって、
王様を褒めちぎってるのですが……。胡散臭く思えてきますね。

ドラゴンとは、戦闘になると、強制敗北で勝てないので逃げます。
手前にコントロールバーを引いての移動なんて、ここくらい。
やり難い。

EN1V_vtUEAAtiuq.jpg
2_2020011013312271a.jpg


戦闘できないのが口惜しいイベントだなぁ。
ああ…経験値が逃げてゆく……。

因みに、地下牢~地下水道を逃避行中、
普通に戦闘できるのはデルカダール兵とだけ。
しかし、カミュがゲスト扱いで、経験値は主人公にしか入りません。

EN1g9I2UwAEutAm.jpg

レベリングしたければ、ここから出るしかない。

EN1hqIiUEAADFyi.jpg

出会い頭から終始、思わせ振りな台詞連発のアニキ。
初見の時は、現実主事なのか信心深いのかどっちなの~? と思ってたものですが、
既に2周クリアして、カミュ側の事情を知っているので、
声優さんの演技も相まって、一つ一つが胸に迫るってもんです。

ウラノスの予言なんか信じてはいなかった。
けれど、一つ実現してしまった。奇跡を目の当たりにしたように思えた。
だから、奇跡は実在すると信じて人生を賭けよう、と。
予言通りの勇者との出会いが、カミュにとって光明だったのでしょう。

主人公にとっても同じ。
カミュが〝勇者は俺を助けてくれる奇跡だ〟と信じる、と言い切ってくれたから、
自分自身を信じようと思えたのでは。
勇者としての自分の力を必要としている人が居る。
もし、勇者の力で誰か一人を救えたならば、
自分は災いを呼ぶ悪魔の子なんかじゃない、そうはならないって。

エミリ・ディキンスンの詩ですね。
If I can stop one heart from breaking,
I shall not live in vain;
If I can ease one life the aching,
Or cool one pain,
Or help one fainting robin
Unto his nest again,
I shall not live in vain.


EN1g9IzU4AAxu5X.jpg

信じるものを見つけて、滝壺へ、DIVE!!
お互いにお前が俺の光だ系ほも……弱いわ~(´Д`)ハァ…

EN1hqIyUEAAouz3.jpg

ここでOPムービー。
【悪魔の子】の称号を得てからが本編だ。
前置きが濃くて、長い…。

EN1hqIsUUAA-Ou-.jpg

ベロニカ~!

EN5GTF0U4AExlJf.jpg

オネエさま~!!
早くお会いしとうございますぅ

DQ11S-まったりロトゼタシア巡歴③

2020-01-08-Wed-21:27
(年末進行でブログを触る暇も無く、半月も経つとどこまで書いたか忘れるよね)○。
Raf02_20200108205348183.jpg





Raf02_20200108210326420.jpg

そんなこんなで。
捕まりにのこのこやって参りました、デルカダール城。

Raf08_20200108203137a8b.jpg
城下町のおばちゃんが推してるホメロス将軍。
そんなイケメソか……?
少なくとも私の好みではないよ、下町のおばちゃん。


Raf09_202001082034303ff.jpg

そして、こちらがデルカダール王。

Raf02_20200108203427a8a.jpg

オープニング(物語導入部分)に出てきた、5人のオジサマ方の内の1人ですね。
こっちのムービーの方が男前。

Raf08_20200108203429e57.jpg

ついでに、いつもあらすじを語ってくれるロウおじいちゃん。




ごめんね、テオじいちゃん。ロウじいちゃん。

Raf09_20200108203140f01.jpg

勇者はカミュとのべ6度目の再会を果たすため、地下牢へぶちこまれてきまーす☆





新年、最初の記事がプレイ日記でした。
今年のイレブン強化月間に向けて、ブンくん絵描き貯めようと始めた記録だったりします。
どうぞお付き合いください。

Raf09_20200108205218042.jpg

去年も僻地へご来訪ありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。
(●´・ω・)(●´_ _)ぺこ

DQ11S-まったりロトゼタシア巡歴②

2019-12-15-Sun-21:05
Lv.7になると、イシ~デルカダール周辺のモンスターは大体一撃で倒せます。
さらなる経験値を求めて他のマップへ……!

Raf09_2019121520360397b.jpg
Raf08_20191215203559c39.jpg

……行けませんでした_( 」∠ε:)_


仕方がないので、ストーリーを進めてカミュと合流しましょう。


Raf08_20191215201442962.jpg

というわけで。

Raf09_20191215201444de3.jpg

デルカダール城下町です。
3Dだと滅茶苦茶新鮮!


~ 突撃! デルカダール城下町のばんごはん ~


Raf08_20191215205522114.jpg

イシの村と同じだ!
これはどこへ行っても世界中同じものを炒めているのでは……。
この仮説を検証するため、勇者はロトゼタシア中を旅する決意を固めるのであった。


街や城内では、マルティナ、グレイグ、ホメロスの噂話を聞けますね。

Raf09_20200108200510981.jpg
Raf09_2019121520474798c.jpg

おばちゃん、さては面食いだね?

DQ11S-まったりロトゼタシア巡歴①

2019-12-03-Tue-21:17
急に始める、ドラゴンクエストⅪ Nintendo Switch版プレイ日記
始まった理由はまた後日記します。

3DS版を2週クリア済みです。つまり3周目。
初プレイのうっかり事故は期待できませんね。

Raf09_20191203173358dd0.jpg

しかし、3Dモードは初です。
懐かしくて、時渡りの迷宮クエスト以外は、ずっと2Dモードで遊んでました。
3DSが泣いてますね(・ヮ・*)

最近(?)始めて、レベル上げつつゴールド稼ぎつつ、かなりゆっくり進めています。
3周目ってそんなものよね。
それでは、気が向いた所だけ、気侭に流して行きましょう。

Raf08.jpg

主人公の実母様がどえらい美人や…!

Raf09_20191203174202c24.jpg

こちらは育ての母、ペルラさん。
後ろ姿なのは、決して故意ではないです。←※ここ重要よ。
イシの村から旅立った後、ちょいちょい帰って来る精神的にキツいイベントがあるけど
その度に温かく迎えてくれるええかあちゃんです。


Raf08_201912031746346c8.jpg

時系列が前後しますが、成人の儀で訪れる神の岩。
……の一本橋の上でコントローラー操作しないで暫く置くと
主人公が、おっとっと~! とバランスを取るモーションしてくれるのが可愛い。
3Dモードはキャラの動きが細かくて良いですね。
2Dモードは想像力で自分だけの映像を思い描けるのが楽しいですが。


Raf08_20191203175910016.jpg

で、だいたい大人の言いなりでよくわからんまま旅立った主人公。

Raf09_20191203175911b25.jpg

デルカダール城周辺でLv.7になりました。

うちのDQ主人公は全員、アステアです。
元ネタはお察しの通り。
本当は女の子だったけど気にしないのよ!!!!
あれは忘れもしないDQ5の主人公の名付け。
丁度ロト伝を呼んでいる真っ最中だった……。
名前は凝り出すと(当時小学生だったが)中二病を発症し
考えるのに家中の辞書をひっくり返し数時間掛かる。
しかしゲームは1時間までというウチルール。
同じDQだしお気に入りキャラの名前を付けちゃえー!
以来、DQに限らず名前変更可能だと、ついついその時ハマってる
他作品のお気に入りキャラの名前を借りる癖がつきましたとさ。



**********


~ 突撃! イシの村のばんごはん ~

Raf08_2019120318224468f.jpg

ソーセージとじゃが芋でしょうか? それとも赤い方は人参?
にしても丸一本フライパンで炒めるチャレンジャーはまあ居ないわよね……。
HOME